薬膳料理とは



薬膳料理は紀元前の昔から研究され続けている中国医学がもとになっています。 薬膳料理というと、得体のしれない薬草が入ったおいしくない料理、というイメージ をもたれる方が多いかもしれません。確かにそのような料理もあります。しかし、 ふだんの健康維持のための薬膳料理は、地元の新鮮な旬の食材でつくった美味しい 家庭料理風のものです。これこそが約3000年も前から研究されてきた理論やデータに基づいた、 「体に良い食事」です。


地元の食材を食べる、つまり「地産地消」はなぜよいのでしょうか。 人間は自然界の中の一員として存在する以上、自然と調和して生きて いかねばなりません。自然と調和しながら健康を維持していくためには、自然の持つエネルギーを 体内に取り入れることが必要です。このために重要な役割を果たすのが「食べ物」です。 食べ物がもつ自然のエネルギーを最も効率的に摂取するには、そのエネルギーが最大になる 旬の採れたてのものをありがたく感謝していただくことです。それゆえ、新鮮なうちにいただくことができる 地元の新鮮な旬の食材が体に良いのです。しかも、新鮮な旬の食材に勝る美味しい食材はありません。



victor