食材の気性



食材には身体を冷やす性質のものもあれば、温める性質のものもあります。 東洋医学では古代からの経験により食材は身体を冷やすものか温めるものかを分類します。 身体を冷やす作用の強い食材は「寒」、やや冷やす食材を「涼」、中庸のものを「平」、 やや温めるものを「温」、温める作用が強いものを「熱」と分類します。 こうして分類した食材の性質は「気性」といわれます。 なぜこのような分類をするのかというと、 季節や体質、病状により、身体を冷やしたほうがよいのか温めるほうがよいのかを 判断することが東洋医学では多くあるからです。


暑い季節には、身体を冷やす性質のものを食べると暑さに負けずに健康的に過ごせます。 しかも、夏が旬の食材には身体を冷やす性質をもつものが多いのです。 また、寒い季節が旬の野菜は身体を温める性質のものが多くなります。 寒いときには身体を温める食材を食べることで寒さに負けずに過ごせます。 つまり、旬の食材をありがたく頂戴する生活を送れば健康的に過ごせるように 自然はうまくできているのです。 しかしながら、夏でも冷房のよく効いた室内で長時間デスクワークをする人が 茄子やキュウリ、トマトなど身体を冷やす食材を多く食べると身体は冷え切ってしまいます。 そうすると血行不良や消化機能の低下が起こり、疲れやすく、風邪もひきやすくなってしまいます。 現代人は自分の体質や生活様式も考えて食べ物を選ぶ必要があります。


なお、同じ食材でも調理方法によって気性の変化がおこります。 また、食事は、様々な食材を組み合わせ、調理して食べます。 ですから食事全体として季節や自分の体質、体調にあった バランスのとれた食事ができればよいのです。




victor