よく噛んで



夏は特に、冷たい飲食物を摂取することが多くなります。 また、暑いときは、のど越しの良い食材がおいしく、あまり噛むことなく食べてしまうことが多くなりがちです。 そうすると、消化を担当する胃腸の仕事量は大量になり、胃腸は過労状態となり調子が悪くなります。 胃腸の調子が悪くなると下痢になりやすく、身体も疲れやすくなります。


キンキンに冷えた飲み物やアイスクリーム、氷など、体温よりもはるかに冷たいものを大量に摂取することは好ましくありません。 また、固形物は「よく噛んで食べる」、というごく単純なことを実践することで胃腸の負担はずいぶんと 少なくなりますので、よく噛んで食べる生活の実践をおすすめします。 胃腸の負担が少ないと全身の健康状態は確実に良くなります。 よく噛んで食事をいただくと、噛まないで食べる場合よりも満腹感が多く得られるので食べ過ぎることも防げます。



victor