砂糖



「黒砂糖は身体によい」ことを、どこかで聞いたことがある方は多いと思いますが、 黒砂糖は一般的な「グラニュー糖」や「上白糖」とどう違うのでしょうか。


砂糖は、サトウキビの茎やテンサイ(サトウダイコン、ビートともいう)の根からつくられます。 サトウキビを搾った汁から「含蜜糖」ができます。この含蜜糖からつくられるのが 「黒砂糖」、「和三盆」、「ブラウンシュガー」、「きび砂糖」、「洗双糖」などの茶色い砂糖です。 テンサイを温水抽出したものからできた「含蜜糖」からできたものが「てんさい糖」です。これも茶色い砂糖です。


サトウキビやテンサイの含蜜糖から色や匂いを取り除き、精製し、ショ糖の純度を上げることによりできるのが 「分蜜糖(精製糖)」とよばれるものです。「分蜜糖」には上白糖、グラニュー糖、氷砂糖、粉糖、 三温糖、中ざらめがあります。三温糖や中ざらめは「白い砂糖」を作った残りの糖液を加熱して作ります。 この加熱の工程でカラメル化されて茶色になります。 ※茶色かどうかで含蜜糖か分蜜糖(精製糖)かを判断すると間違いますのでご注意ください。


黒砂糖などの「含蜜糖」はミネラルやタンパク質を豊富に含みますが、 精製された「分蜜糖(精製糖)」にはこれらが含まれません。それゆえに、黒砂糖は「身体によい」といわれるのです。


東洋医学では「分蜜糖(精製糖)」のとりすぎは身体を冷やして良くないと考えられています。 黒砂糖は身体を温めると考えられています。冷え症の方で、甘いものが欠かせない方は 黒砂糖のお菓子などを上手に取り入れてみてください。


和風のおかずでは甘みを加えることが多いのですが、素材そのものの甘みを上手にひきだすことで砂糖をなるべく 使わないようにすることが可能です。ちょっと値段は高くても有機栽培の野菜を取り入れてみると 素材本来の甘味やうま味が強く、砂糖や味醂の消費量は劇的に減ります。結果的に経済的でお得です。ぜひお試しください。


糖分、とくに「分蜜糖(精製糖)」のとりすぎは、アレルギー疾患、循環器系疾患、 消化器系疾患、精神疾患といったあらゆる体調不良を引き起こす要因のひとつだとする報告もあります。 ケーキやアイスクリーム、饅頭、ペットボトル入りの甘い飲み物に糖分がたっぷり入っているのはもちろんですが、 市販されている惣菜や弁当などにも合成甘味料を含む糖分がたっぷり入っていることは 珍しいことではありません。 塩分同様、糖分のとりすぎにもぜひ気をつけていただきたいと思います。



victor